mv-sp mv-pc
mv-sp mv-pc
mv-sp mv-pc

長野県松本市の市議会議員 吉村幸代のWEBサイトです。

より良い松本を次世代へ
より良い松本を次世代へ 吉村幸代

松本市寿台公民館長6年
市民タイムス リレーコラム「食卓が勉強机」執筆13年

更新情報

夏草や兵どもが夢の跡

今日は、才教学園の環境整備の日。今年も、同校内田校舎の清掃に参加しました。内田校舎は、才教学園の原点ともいえる建学の地。牛伏寺のふもとの林の中にあり、ここ10年間ずっと寿台太鼓連の稽古場としてお借りしています。

梅雨空の下、若いお父さん方が草刈り機を携えて集まりました。運動場の草を刈り切れなかったという昨年の反省を踏まえて、前保護者会長氏が搭乗タイプの草刈り機を購入して登場。新兵器は、期待どおりの威力を発揮し、運動場は1時間ほどでサッパリとしました。

「夏草や兵どもが夢の跡」は、松尾芭蕉の代表的な句です。奥の細道を辿る芭蕉がこの句を詠んだ高台は、城跡だったようです。才教学園は立派な村井校舎を得て輝かしい進化・発展を続けていますが、内田校舎に茂る夏草を片付けながら、私はふと、この地に学校を設立した先生方の志とご労苦に思いを馳せていました。講堂がないため、厳寒期も校庭で朝礼を行っていたと聞きます。そうした「学びの環境」を承知の上で入学を切望した親と子は、何に期待を寄せたのでしょうか。建学の精神とは、厳しさの中に存在するような気がします。

私は時々、現代の子どもたちに人生の厳しさを上手に教えることの難しさについて考えます。便利になり過ぎた生活の中で、「生きる力」を育む場面はあまりにも少ないです。家庭においては、孫たちを甘やかし過ぎることなく、如何にして「背水の陣」を敷いて本人に考えさせるか――祖母である私に課された命題かもしれません。

作業が終わる頃にぽつぽつと降り始めた雨は、午後になって本格的な大雨となりました。我が家の庭先では、ホタルブクロが雨に打たれながら咲いています。

環境衛生協議会連合会総会に想う

平成30年度松本市環境衛生協議会連合会定期総会が開催されました。私は市議会建設環境委員会副委員長を務めていることから、都合により出席が叶わない上條議長に代わって、市議会を代表してご挨拶を申し上げました。平日にもかかわらず、Mウィング6階のホールは大勢の方々で埋まっていました。

総会に先立って環境衛生功労者表彰が行われ、各地区で環境美化活動にご尽力された方々に、市長から感謝状が贈られました。

私たちの生活は、便利さを追求する反面で、環境に大きな負担を強いています。地球温暖化は諸々の余波を巻き起こしながら静かに進行し、世界の海はマイクロプラスチックで汚染されています。限りある資源、豊かな自然、美しい松本の街・・・大切なものを次世代に引き継いでいくことができるかどうかは、一人ひとりの心がけ次第です。地域において、そうした重要な取り組みのリーダー的役割を担ってくださっている方々が、今日はMウィングに集ったということでしょう。受賞の栄に浴された皆さんに、大きな拍手が惜しみなく送られました。

決定!6月12日(火)10時に登壇

6月になりました。昨日・4日(月)、松本市議会6月定例会が開会しました。11日(月)から13日(水)まで「市政一般に関する質問」が行われますが、その発言通告が本日の正午に締め切られました。今回、私は戦略的に発言通告書を11時58分に提出。2枚にわたる上に、最後に提出したため、廊下のホワイトボードの隅に、ぶら下がる感じで貼り出されていました。

締め切りと同時に、くじ引きにより会派単位の登壇順序が決定しました。3番を引き当てた我が会派「みんなの未来」は、第2日目にあたる12日(火)、私はトップバッターで10時に登壇します。

 

今回の私の質問項目は、以下のとおりです。

1.価格競争に負けない松本産農産物をめざして

(1)農業生産工程管理(GAP)認証取得の推進について

(2)地理的表示(GI)保護制度への登録について

(3)遺伝子組み換え野菜と伝統野菜について

2.市の広聴制度「パブリックコメント」のあり方

(1)現状と認識について

(2)実施機関における対応について

(3)コンプライアンスの遵守について

(4)広聴制度「パブリックコメント」に関する市長の思い

(5)今後に向けて

3.リビングウィル(医療に関する事前指示書)の運用に向けて

(1)初年度の取り組みについて

(2)今後の方向性について

4.松本市立病院のあり方と建設計画

(1)国・県の医療政策の大転換を受けて

(2)経営の赤字体質と対策について

(3)建設基本計画について

ア 策定プロセスと松本市立病院新公立病院改革プラン

イ 土地選定と土壌調査結果

ウ 建設費・設備費の算定

エ 運営の課題

(4)市長の考え

ア 「地域」の定義

イ 経営・役割・規模・機能に関して

(5)今後に向けて

 

私の持ち時間は50分の長丁場、一問一答形式で質問します。登壇日に向けて、これから質問原稿書きの「怒涛の1週間」が始まります。

 

一覧へ

政策

子供と吉村先生
あんしん
  • 暮らしの安心 (防災)
  • 学びの安心 (教育)
  • 食の安心 (農業・食育)

ライフワークとする各分野に、全力投球!

つながり
  • 地域づくり
  • 地域包括ケア体制
  • 地域課題の解決

高齢化率第3位の寿台における公民館長経験を活かして、真っ向勝負!

じぞく
  • 持続可能な松本市
  • 財政健全な松本市
  • 納税者納得の市政

チェック機能をきちんと果たすべく、直球勝負!

吉村 幸代 後援会のご案内

吉村幸代後援会 後援会長 上條裕朗

● 〒399-0025 松本市寿台9丁目4-1

● TEL & FAX:0263-58-0201

吉村幸代後援会では会員を募集しております。お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら