mv-sp mv-pc
mv-sp mv-pc
mv-sp mv-pc

長野県松本市の市議会議員 吉村幸代のWEBサイトです。

より良い松本を次世代へ
より良い松本を次世代へ 吉村幸代

松本市寿台公民館長6年
市民タイムス リレーコラム「食卓が勉強机」執筆13年

更新情報

目出度さも中くらいなり おらが誕生日

今日は「鏡開き」、近年は「塩の日」という呼び名もクローズアップされている日ですが、私の誕生日です。以前、松本市では、1月11日に「あめ市(塩市)」が行われていました。上杉謙信公が敵方の武田軍に塩を送ったという「義塩」に由来したものと聞いています。

『信州問屋由来記鑑』によると、16世紀、武田信玄が上杉謙信と前後5回にわたって戦いをした際に、駿州の今川氏と相州の北條氏は、甲州の武田勢を塩攻めにしようと謀って「塩の道」を絶ったため、甲州・信州の民百姓や兵は狼狽の極みに達したそうです。この時、越後の上杉謙信公は、「争うべきは弓矢にあり、米・塩にあらず」として、糸魚川の浜塩(北塩)を送ったというエピソードが「義塩」です。「義」を重んじた上杉謙信公には、大いに心魅かれます。

お供え餅を下ろして「慌ただしく過ごしているうちに、お正月も終わりか」としみじみしていると、玄関のブザーが鳴りました。訪問者は、見事な花鉢を抱えた奥野さんでした。奥野さんは、子どもたちから「マリオ」のニックネームで慕われる地域の人気者で、私が公民館長だった頃に知り合い、町内公民館長会の会長として協力体制を組んでもらって以来の付き合い。毎年、私の誕生日には、忘れずに花を届けてくれます。そうそう、奥野さんは、オリジナル清酒「寿一番星」の名付け親としても有名です。市議会定例会で私が登壇する日、奥野さんは決まって私の父の形見のブレザーを着て、傍聴席に座って見守ってくれます。その姿を目で追いながら、実のところ、私はいつも涙をこらえて一般質問をしているのです。

昨年はバラの大きな花束でしたが、今年は「プリンセス・マサコ」と命名された、豪華なシンピジウムをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

友人の和子さんからは、素敵なバースデーケーキをいただきました。高校の先輩でもある和子さんには、お世話になりっ放しです。

 今年のNHK大河ドラマは「西郷どん」だそうです。西郷隆盛といえば、「徳高き者には高き位を、功績多き者には報酬を」という言葉が思い浮かびます。地方議員にも様々なタイプの人がいますが、私は「誇りを胸に、恐れず、ひるまず、しがらみをもたず」に進んでいきたいものだと願っております。幾つになっても、誕生日は特別な日。ここからまた新たな気持ちでがんばらなければと思います。

平成30年元旦を迎えて

明けましておめでとうございます。平成30年の元旦を迎えました。雪のない、穏やかな正月です。三が日は松本城の本丸庭園が無料開放されており、多くの方々でにぎわっていました。

元旦の昼は隣組の新年会に出席、夜は家族9人揃って祝賀の膳を囲みました。我が家のおせち料理は、かまぼこ以外のすべてが手作りです。そして、今年の乾杯酒は、新潟県長岡市の吉乃川株式会社の清酒「田中角栄」。公民館長時代の仲間から新潟県土産としてもらったものですが、ラベルは何と田中角栄氏の直筆です。「すごい酒を見つけたよ」と、館長仲間も興奮気味でした。

ちょうど今、田中真紀子さんの自伝『父と私』を読んでいますが、角栄氏のスケールの大きさ、努力家であることには感じ入ります。歴史に刻まれた大物政治家にあやかって、私も精一杯がんばろうと思います。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の締め括り

平成29年も、明日を残すだけとなりました。今日は、朝から大掃除。年を追うごとに大きくなる書類の山を眺めては、「他の議員さん方は、どのように整理しているのかな」と思うことしきりです。

さて、6月17日(土)に開催された「第57回全日本花いっぱい松本大会」で、花の種をいただきました。撒き時期が「少し遅いかな」と心配しながら我が家の花壇で育て、やがて降霜の季節となったので、鉢に植え替えて室内に入れました。何と、ここへきて美しい花が咲いたではありませんか。この薄紫色の花は、かっこうあざみ(アゲラタム)ですね。ちなみに、花言葉は「信頼」「幸せを得る」「永久の美」だそうで、ささやかな幸福感に包まれています。

大掃除の後は、お正月の準備です。今年は、安曇野にある私の水田にて、飯米「こしひかり」・酒米「ひとごこち」・餅米「こがねもち」を完全無農薬で栽培しました。草取りは大変でしたが、苦労の甲斐あって豊作。酒米は、等級検査で「一等米」のお墨付きをいただきました。餅米「こがねもち」は「餅米の王様」といわれる品種で、甘味・旨味が強く、餅にした際の粘り強さが特長だそうです。29日に餅をつくのは「苦餅」といって忌み嫌われることから、我が家では28日(木)に餅つきをしました。今年の鏡餅は紅白バージョンにして、お供えしました。

玄関に正月飾りをつけて、準備完了。この正月飾りも手作りで、材料の藁や南天などもすべて我が家製です。来年10月1日にはオリジナル清酒「寿一番星」が発売されることから、「寿一番星」と書きました。来年が、明るい年となりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ

政策

子供と吉村先生
あんしん
  • 暮らしの安心 (防災)
  • 学びの安心 (教育)
  • 食の安心 (農業・食育)

ライフワークとする各分野に、全力投球!

つながり
  • 地域づくり
  • 地域包括ケア体制
  • 地域課題の解決

高齢化率第3位の寿台における公民館長経験を活かして、真っ向勝負!

じぞく
  • 持続可能な松本市
  • 財政健全な松本市
  • 納税者納得の市政

チェック機能をきちんと果たすべく、直球勝負!

吉村 幸代 後援会のご案内

吉村幸代後援会 後援会長 上條裕朗

● 〒399-0025 松本市寿台9丁目4-1

● TEL & FAX:0263-58-0201

吉村幸代後援会では会員を募集しております。お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら